『楽読(速読)トレーニング体験セミナー』

【無料体験セミナー】情報収集力・企画力を向上させ、生産性向上を図る

『楽読(速読)トレーニング体験セミナー』

開催場所
東京都 中央区3-11-3LEAGUE銀座ビル
開催日
2019年11月13日

文章を読む・理解するスピードが2~7倍速くなる速読術を、企業様で研修として導入していただくための体験セミナーです。



速読(楽読)を習得すると、短時間で大量の情報を収集・処理できるようになり、生産性が向上します。そして、多くの情報にアクセスすることで、企画力や発想力がアップします。さらに、この速読トレーニング自体が、会話を取り入れたレッスンであることから、参加者同士のコミュニケーションを円滑にする機会ともなります。



15年にわたって培ってきた「楽読」というオリジナルメソッドで、すでに1000人以上の導入実績があります。「目」と「脳」を高速処理ができるようトレーニングすることで、誰にでも差はあるものの速読が習得できます。セミナーでは、実際に速読トレーニングを体験していただき、効果を実感していただけます。



本研修を導入いただいた企業の担当者様からは、受講生の文章読解スピードが上がったことはもちろん「⾃分の意見を発言する習慣が身につき、ミーティングで意⾒が出やすくなった」、「いろいろなセミナー・研修を実施したが、ここまで参加者の反応がよかったのは初めて」といった声をいただいております。



【対象者】

下記のような課題をお持ちの「人事部」「研修担当者」さま

・文章を読むのが遅い、苦手な社員が多い
・社員の情報収集能力を向上させたい
・社員の生産性を上げたい、残業時間を減らしたい
・社員の企画力・発想力をさらに高めたい
・社内の風通しを良くしたい、コミュニケーションを円滑にしたい



【期待される研修効果】

・文章を読むスピードが2~7倍速くなる
・情報収集・処理能力が上がり、発想力や企画力が向上する
・目と脳を⾼速処理化することで、業務効率の改善・残業時間の短縮につながる
・会話を取り入れた研修により、コミュニケーション力向上につながる
・脳の使い方を変えることで、考え方が前向きになる



【過去の研修参加者様のご感想】

・本当に読むスピードが上がり、その差が目に見えて実感できるので嬉しい
・仕事の効率が上がり、 無駄な時間が減った
・情報収集が億劫ではなくなり、情報量が増えた
・全員がそれぞれの目標に向けて前進する姿が見えて非常によかった
・仕事中の集中⼒がUPした

エンゲージメントを高めるチームビルディング研修

モチベーションを上げようとすればするほど離職率が下がる! 〜チームリーダーがまったく気付いていない盲点とは?〜

エンゲージメントを高めるチームビルディング研修

開催場所
東京都 中央区銀座7-13-5 NREG銀座ビル1階
開催日
2019年11月15日

【セミナー概要】

■離職理由は・・・

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)

2位:労働時間・環境が不満だった(14%)

3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)

4位:給与が低かった(12%)

5位:仕事内容が面白くなかった(9%)



これは、リクルート社が転職経験者100人を対象にインターネットで退職理由を調べた結果の上位5つです。実に59%が人間関係を含めた仕事環境を理由として退職しています。



しかし経営者や人事の側から考えたら、いかがでしょう?

私も経営者として24年に渡り会社を経営していますが、少なくないコストをかけて採用した社員のため仕事環境は懸命に整えていました。しかしそれでもスタッフの離職に何度もあい、長年にわたって頭を悩ませていたのです。



そんなときお世話になっている出版社の社長から、「離職原因の多くはスタッフが、自分でも気づいていない自分の気質、専門的にいうと『無意識の気質』と合っていない働き方をしていることだ。そのズレが徐々に大きくなって、意識しないうちにストレスがたまり、離職という形になってしまう。つまり表面上の退職理由(意識化できている理由)に対処しても離職率は下らない」とアドバイスを受けました。



目からウロコでした。「やめたい」という社員と丁寧に面談し、できる限り要望を取り入れたのにやはり離職をしてしまったその原因が、「スタッフが語った理由(意識化できてる理由)」にではなく、スタッフ自身も言語化できてない「無意識の気質」にあったとは思いもしなかったからです。



それから私は「無意識の気質」について学びを深めました。スタッフと対話する際には「話の内容」ではなく、「その話を生む無意識の気質」を見るようにしました。するとスタッフの頭の中が驚くほど分かるようになり、それに対応することで仕事に対するモチベーションを上げることに成功。結果として、ここ5年は会社への不満からの離職は完全になくなりました。またスタッフ個々のモチベーションがあがった結果、業績が毎年5~10%上がり続けていることも嬉しい副産物です。



本セミナーでは、私に驚くような離職率の低下をもたらしてくれた「無意識の気質」をについて座学(学び)とワーク(体験)の両面からを学んでいただきます。同時に、現場でスタッフと向き合うチームリーダーの方々に効果的に身につけていただき、それを使って離職率を下げる研修についてご説明いたします。



■期待される研修効果

・離職に関していままで見えていなかった盲点に気づくことができる

・スタッフ自身も言語化できていない根本的な不満の要因を知ることができる

・上記の要因にどのように対応すべきかを具体的に手に入れることができる

・即効性があるので、研修が終わった直後から職場の雰囲気を変えることができる

・結果としてスタッフのモチベーションを上げ、離職率を下げることができる

やりっ放しにしない研修設計・失敗しない講師選択

【人事・研修担当専用セミナー】

やりっ放しにしない研修設計・失敗しない講師選択

開催場所
東京都 中央区銀座7-13-5 NREG銀座ビル1階
開催日
2019年11月21日

毎回満席のセミナー
 5月開催時には、満席となりましてお申込みをお断りすることとなり申し訳ありません。
 今回も日程が合わないなどあれば、資料送付やお打ち合わせも可能ですのでお申し付けくださいませ


●本セミナーの特徴

(1)人材育成の体系を見直したい

研修を企画する際に、研修の全体像をどうデザインするか。学習目標と学習項目・教授法から、研修前後の仕組みなど、考え方と実例をお伝えいたします。



(2)研修内製化・研修開発をしたい

研修を内製化すべきか、外注化すべきか、内製化するならばどの部分を外注するか、といった課題に対する示唆が得られます



(3)研修成果を行動定着化したい

研修効果測定の考え方と、最新の行動定着型の研修システム(弊社パートナー)の根幹/ポイントをご紹介いたします。


15年以上、企業研修の企画設計、登壇、プロデュースに携わって参りました。
その中には、研修を単純にイベントのようにやるだけになっていて
社員から「研修は苦しい場」とイメージされている現状をなんとかしたい!
と思ってきました。

また、研修講師の選択もリスクがあるため、なかなか難しい
というお声も多数伺ってきました。

多くの企業の様々な、研修の企画、設計、講師選択、研修後のフォローを見て
様々なアイディアを実践してきました。

そんな、Brew株式会社の代表 原が、企業の人材開発に携わりながら感じた
「研修をやりっぱなしにしない企画・設計・施策」
「講師選択の基準・ノウハウ」
これらについて、可能な範囲でご紹介したいと思います。



<セミナー受講のメリット> 

・「研修を企画する前」に、人材育成の全体企画をどのように組み立てるか。学習目標と学習項目・教授法などの、言葉とその全体像を理解できます。

・研修講師を「価格」だけでなく、どのような視点・判断基準をもって選択すべきか、その複眼視点とチェック方法について理解できます

・講師を内製化すべきか、外注化すべきか、といった課題に対する示唆が得られます

・人材育成担当者として、基礎的な必要な視点やマインドについて理解できます



<受講対象>

研修部門に異動、あるいは研修担当となった方
研修をより成果につながるものに、リニューアルをご検討中のご担当者
講師を変更したいと思っているが、どんな基準で選ぶかお悩み中の方
研修業務の内製化を進めているが、外部のヒントをお探しの方
社内の講師・トレーナーを努めているが、レベルアップしたいとお考えの方
 ※以下の方のご受講はお控えくださいませ。
  ・講師、コンサルタントの方
  ・同業の研修/セミナー会社の方
  ・1人会社など、研修の導入見込みがない方